谷上工務店について一挙紹介

バナー

谷上工務店の家は断熱に特化している


最近の住宅メーカーは断熱性を考慮した家つくりに夢中のようです。
断熱性を求めるのは、いまや雪国だけのものではないのです。

大阪を中心に近畿全体で営業している谷上工務店もまた、
断熱性にこだわって家つくりを行っています。
例えば、谷上工務店は窓ガラスをお二重構造にしています。
一枚のガラスでは熱を直に伝えてしまい、
外気の気温の影響を受けやすくなってしまいます。
しかい、二枚のガラスを設置し、間に空気の層を形成することで、
熱伝導率を大幅に弱体化させることに成功。
夏の暑さ、冬の寒さを緩和させることが出来るのです。

他にも、谷上工務店は様々な断熱材を使用しています。
「外断熱+発泡ウレタン断熱材」「樹脂アングル下枠形成断熱サッシ」
「天井セルロースファイバー断熱材」「床下発泡ウレタン断熱材」など、
色々なものを取り扱って、家の中を快適にすることに努めています。
意外と忘れがちですが、窓のサッシだって熱を移動してくるのです。
谷上工務店は家を隙間なく断熱仕様にすることで、
夏でも冬でも過ごしやすい家を実現しているのです。

こうした断熱仕様の試みは、
近代に入ってから力を入れるようになったと言えます。
具体的には、エアコンが普及するようになってきてからではないでしょうか。
逆に昔は、開放的な家ばかりでした。
それは「家は夏過ごしやすい」前提で作る必要があったからです。
冬の寒さは厚着すれば何とかなりますが、
夏の暑さだけはどうしようもありません。
そこで、少しでも涼しく過ごせるように、
家と言うものは「通気性」を最重要視していたのです。

しかし、今、そうした風通しの良い家を作っても、
エアコンや車の排熱が家の中に入るだけです。
ヒートアイランド現象が進んだ地域では、
平気で人間の体温を超える熱気が蔓延されています。
だからこそ、今の家は気密性に特化していて、
外の熱気を取りこまないようにしているのです。

具体的に谷上工務店がどのように断熱の工夫をしているかは、
会社に問い合わせてみてください。
色々な話が聞けると思いますよ。